痩せる医薬品のメリット・デメリットとダイエットサプリとの違い

痩せるためにダイエットサプリを利用することもありますが、実際のところあまり効果がでません。それよりも痩せる医薬品を利用する人が増えています。今回は【痩せる医薬品のメリット・デメリットとダイエットサプリとの違い】についてまとめておきましょう。

痩せる医薬品のメリット・デメリット

一番のメリットは服用するだけで痩せることでしょう。無理な食事制限をすることがないので続けやすいですし、時間がない人も利用できます。苦労しないで体重を落とせるので女性を中心に人気がでています。特に「BBX」のように医学的に立証されているものならば効果が確実です。他のダイエット方法をするよりも痩せやすいのは大きな魅力です。
では、デメリットはないのでしょうか?
もっとも大きなハードルは日本では医師の診断が必要になります。美容外科クリニックを受診しての処方になりますし、健康保険の適用ができませんから高額な負担になります。費用の問題が一番のデメリットですし、副作用がでた場合でも個人の責任になります。
海外では普通に使用されていますが、日本人の体質にあうかどうかはクチコミ情報系サイトで調べたりするほうがいいです。コスト面を考えて、クリアできる方法は海外通販サイトを利用することです。海外からの発送でも送料が無料な「アイサプリマート」http://www.isupplemt.com/diet/appetite/bbx.htmlならばお得に購入できます。海外通販と言っても日本語で大丈夫です。支払いもクレジットカードは当然ですが、コンビニエンスストアで支払うこともできます。後払いもできますから安心です。

ダイエットサプリと痩せる医薬品はどこが違うの?

端的に言いますと食品扱いになっているならば「ダイエットサプリ」で、それ以外は医薬品になります。医薬品は基本的にドクターの診断が前提です。ダイエットサプリは診察を受ける必要はありません。医薬品は効果が高い特徴がありますが、副作用も心配です。サプリメントは副作用の心配はないですが、効果が期待できません。
美容外科クリニックで処方される痩せる医薬品は次のような目的で利用されます。
1番目は食欲を落とす目的、2番目は脂肪燃焼効果が必要な場合、3番目は満腹感を出したいときです。

いかがでしたでしょうか?

痩せる目的の医薬品は、薬局やドラッグストアで購入することはできません。医薬品となると専門化の診断が必要だからです。病院で処方してもらうならば、美容外科クリニックでの処方になります。ですが、海外通販サイトと比べると3倍ほどの金額になります。診断不要な方法を選ぶ人が多いのも理解できます。

関連する記事